Blog

最短で英語ペラペラになるには?

英語習得方法 とは、

ものすごく簡単に言うとその国に生まれた赤ん坊が言葉を覚えるように覚えてしまうのが一番いい。つまり、日本の英語教育では、グラマーとか単語の暗記などを主体に教えている為、英語を6年間も学校で学ぶのにほとんどの日本人は英語をしゃべれない。6年間も学んで英語をしゃべれない国民はおそらく日本人くらいのものだろう。ちなみに、インドネシア人でもマレーシア人もインド人も英語を普通に話す。それは、周りに英語を話す観光客がいっぱいで話せないと商売が上がったりな環境にいるからだ。彼らは文法などで覚えていない。実際の会話で覚えて行くのだ。

日本語と英語は直訳できない

日本人の常識とアメリカ人などの西洋人の常識が、非常に違っているので、日本で当たり前なこととアメリカで当たり前なことは全然違う。例えば、日本人同士で飲み会などに行くと上司が部下の分を全部払うとか、が、当たり前だが、西洋では割り勘が当たり前でフェアであると考えている。同じようにカルチャーと言葉は、結びついているので、日本語をそのまま英語に通訳して会話は、成り立たない場合が多い。なので、英語を話す為には、実際に外国人の英語を聞き取りおうむのようにその言葉を言い返す。方式がいい。例えば、こんな感じ。

Oh, you looks great today. 今日はかっこいいね と言われたら、

Do I looks good? Thank you. かっこいいかな?ありがとう。と反復する。

なんの学習でも同じだが、英語を喋りたかったら英語を母国語としている人と実際に話しをして見ることが一番早い。単語は会話の中でわからなかった言葉をメモをしておいて、後で辞書で調べるときっちりと覚えていける。

 

映画を字幕抜きで見る

映画を意味不明でも毎晩のように英語だけで見る。映画では俳優さんが感情を込めてしゃべってくれているので、その様子から言葉抜きでもストーリーを把握できる。そして、そのリアックションにあった言葉を話しているだろうと想像d毛いるようになる。できたら、同じ映画を何回も何回も見る。そのうちに、言葉を聞き取れるようになったら、今度は同じ言葉をリフレインして真似をする。ここでもまだ、辞書は使わない。完璧に真似をできるようになったら、ここで初めて辞書を引いて大体の意味をつかむ。この繰り返しを1年間やるとおそらく英語を喋れるようになる。学校で6年間も学ぶ必要はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami